読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お楽しみはパジャマパーティーで

読書の備忘、アニメの感想などを書いています

『声優論』―とりあえず企画で○

 

声優論 アニメを彩る女神たち:島本須美から雨宮天まで

声優論 アニメを彩る女神たち:島本須美から雨宮天まで

 

 

(おそらく)先行研究の存在しない「声優論」の試みです。
主に4人の論者による声優に関する批評文が20本収録されています。

 

序論 声の現象学から声優論へ/小森健太朗
声優史概説/夏葉薫
第1章 島本須美日高のり子──八〇年代を象徴する二人の女神、それぞれの三〇年/遊井かなめ
第2章 島津冴子石原夏織──声に呼ばれるキャラクター、声が喚起するストーリー/遊井かなめ
第3章 林原めぐみ──アブジェクシオン装置としての綾波レイ/町口哲生
第4章 宮村優子雨宮天──ジェリコの壁はいかにして崩れるか?/遊井かなめ
第5章 川上とも子──生と死のあわいから天使の声が現れる/小森健太朗
第6章 桑島法子──ポストエヴァ時代精神/夏葉薫
第7章 堀江由衣田村ゆかり──神話の中の二人/夏葉薫
第8章 水樹奈々高山みなみ──歴史に咲いた二輪の花(ツヴアイ・ウイング)/遊井かなめ
第9章 釘宮理恵──釘宮病、発症したら出口なし/町口哲生
第10章 名塚佳織井口裕香──祈ること、求めること/夏葉薫
第11章 沢城みゆき──その声は、何を指し示すのか?/遊井かなめ
第12章 平野綾──ハイパーボリックなキャラクターと戯れて/町口哲生
第13章 広橋涼中原麻衣──〈ソラッカボイス〉と〈オタオタボイス〉/小森健太朗
第14章 喜多村英梨──数奇な運命と二つの傑作/夏葉薫
第15章 花澤香菜──三次的な声の文化におけるミューズ/町口哲生
第16章 井上麻里奈──井上麻里奈と〈空気系〉作品群の相性/小森健太朗
第17章 悠木碧──役を作らずして作るの境地/小森健太朗
第18章 阿澄佳奈──聖と魔が交錯するところ/小森健太朗
第19章 スフィア──声優ユニットの謎/夏葉薫
第20章 艦これ声優論──声の宝物庫(シソーラス)としての『艦これ』/深水黎一郎
あとがき 宮村優子論から声優論へ/遊井かなめ

 

■限定的な「声優」なのが良い 

取り上げられているのはベテラン~中堅までの声優さんたちです。
「声優論」といえど、対象は深夜アニメで活躍する(した)女性声優さんたちばかりす。(※ちなみに名前からはわかりにくいが、執筆者の遊井かなめ氏も夏葉薫氏も男性のようです。)
まあこのあたりが我が意を得たりだったので、楽しみにして読みました。
最初は上記の声優さんたちが真面目な論考の俎上に上がっているという冒険感にニヤニヤして読んでいたのですが、批評としての面白さがあるかというと微妙なところでした。
多くの文章が、声優のフィルモグラフィーから(紙幅の都合が大きいのでしょうが)割と恣意的に代表作をピックアップして、その声優の特性を解説しているような内容で、「ああこの論者はこのように素描するんだ」というような興味にはなるのですが、分析対象の声優へのクリティカルな考察に乏しかったです。対象読者を広くとっているからかもしれません。なんというか、CDについているライナーノーツを読んでいるような気分になりました。

とはいえ、企画としてはよくぞやってくれたと思います。繰り返しになりますが「声優論」の名のもとに、限定的なコミュニティでしか通用しない女性声優で固めたコンセプトは有難い。

 


■どのように分析するのか

声優を語る際の批評言語というのに興味があったのですが、やはりこれは難しいようです。
まず昨今のタレント化した声優を批評する際には複数の切り口があります。

とはいえ、まずは「演技」の分析が基本的なものでしょう。
本書における声優の演技への分析手法は大きく、文芸批評伝来の印象批評的なものと、音としての声へのやや専門的な分析に分けられます。
前者はたとえば、広橋涼の演技に対し、(代表主演作のヒロイン名「そら」と「ラッカ」から)「ソラッカボイス」なる作業仮説を立てて、「成長を志向する前向きさが込めれた声」「残念さやコメディをも内包している」「<初々しさ>を有している」などの特徴を上げるような分析手法に見られます。
後者は、これは本書の中で特に専門的な分析になりますが、深水黎一郎氏(ゲスト執筆的な存在)が行っている以下のような分析です。

さて、特に声優に詳しいわけではない筆者だが、声楽ならば自分でも多少齧ったことがあり、オペラ歌手を主人公にしたミステリーも何冊か書いている。そこでちょっと専門的に分析してみると、名取のあの脱力系のキャラクター(「えっ?本当に実戦?」「当たってくださ~い」)を表すために井口裕香が行っているのは、通常の頭声区の発声法――息を硬口蓋の裏に当てて頭蓋骨に響かせる――を避け、声門閉鎖を弱めて声から芯を抜き、息をなるべく拡散させて、漠然とした音の広がりを表現するというやり方である(本人に確かめたわけではないが、まず間違いない)。そしてこれは、残響の長い教会等で、ア・カペラ曲を歌う宗教合唱の発声法に非常に近い。本人は無意識にやっていると思われるが、名取のあの情けない声は、実は確かなテクニックに裏打ちされているのである。

 

■アイディア集

備忘がてら幾つかの章から、コンセプト的に面白かった内容を拾ってみます。

 

・声優史概説/夏葉薫
第一次~第三次声優ブームまでの流れをコンパクトにまとめています。

 

・第6章 桑島法子──ポストエヴァ時代精神/夏葉薫
2000年代初頭の桑島法子の活躍の背景に「ロボットアニメ・SFアニメのトップランナーであるべきサンライズが、《新世紀エヴァンゲリオン》をガイナックスに作られてしまったショック」があったと喝破。
桑島法子は《エヴァ》以降の時代を象徴する声優であり、その象徴性こそはサンライズBONESが必要としたものであった。
そして2003年以降の失速を、桑島に求められてきた、遅れてきた90年代の幕引きであり、新たな時代の始まりに繋がると結びます。

 

・第7章 堀江由衣田村ゆかり──神話の中の二人/夏葉薫
主題は二人の共演作の分析なのですが、この章の面白さは、どストレートに二人の声優をカップリングして論じていることに尽きます。
批評的野心よりも声優愛やファン心理を感じます。笑
養成所時代に同期だった二人の声優について、冒頭でキャリア組の堀江と、たたき上げの田村、のようなサクセスストーリーが素描されてます。

 

・第11章 沢城みゆき──その声は、何を指し示すのか?/遊井かなめ
沢城みゆきの活躍のフィルードの広さを、彼女のテレビアニメの出演作が20本を超えた2006年の時代性と結び付けて論じています。
つまり、youtubeやニコ動などのwebメディアの登場、DeNAモバゲータウン開設、深夜アニメの隆盛、射幸性を抑えたパチスロ五号機への完全移行(アニメとのタイアップ機の急増)、など、声優の声を耳にする<場>が日常的に増え始めた時代の声優業界の申し子としての沢城みゆき、というコンセプトを描き出しています。その声の「万能性」が、各々の消費者にとっての「ここ」を導くことができるのである、と。最後のダメ押しに2006年以降を象徴する存在としてAKB48を挙げ、《AKB0048》で沢城みゆきが、他ならぬ前田敦子を演じていることに触れています。

 

・第16章 井上麻里奈──井上麻里奈と〈空気系〉作品群の相性/小森健太朗
「この絵のうまさから、井上麻里奈の声優としての演技力や特性に結びつく論が立てられるだろうかと少し考えたが、画力と声優としての演技力が比例するという証拠はないので、この線を掘り下げるのは控えることにしておく」(小森健太朗

是非この主題ででっち上げて欲しかった。

 

・第17章 悠木碧──役を作らずして作るの境地/小森健太朗
「まどかの演技は、他の役者の演技を寄せ付けない超絶的な境地へと達していることを指摘しておきたい」(小森健太朗

絶賛ですね。 

 

・第18章 阿澄佳奈──聖と魔が交錯するところ/小森健太朗
「この手の、<うざかわいい>キャラクターを演じて当代の第一人者であるのが、本稿の主題の阿澄佳奈である」(小森健太朗

悠木碧は<聖>で、阿澄佳奈は<魔>の属性があるというコンセプトがあるようです。

 

・第19章 スフィア──声優ユニットの謎/夏葉薫
この章はエッセイのような内容ですが、ユーモア調で笑わせます。
声優ユニットは、果てしない謎だ」という一節から始まり、著者はすべて声優ユニットに関わる事象を「謎」であると頭を抱えます。
この堀江由衣周辺ユニットの諸事情というのも大きな謎だ。スフィアに入りたがり、黒薔薇保存会のような手作り感あふれるユニット活動も楽しむ彼女のユニット好きはどこから来たのか、そしてどこへ行くのか。」
声優ユニットとしては成功例といえるスフィアを取り上げるのですが、その声優としての実力を褒め上げたと思いきや、『夏色キセキ』のミスマッチを指摘し、以下の一節で文章を締めるのでした。
「《夏色キセキ》とスフィアは、共演者としての相性が声優ユニットとしての成功を決めるわけでもないというさらなる新たな謎を声優ユニットなるものに投げかけてくれたといえる。」

 

■その他

個人的に「第9章 釘宮理恵」あたりからフォローできると思ったのですが、声優さんたちの代表作とされるものが私の感覚とずれていることが明らかになりました。というのも、現在中堅~それ以上として活躍する声優さんたちの出世作ってゼロ年代の後半のものが多くて、当時のアニメってあまり見ていないのでした。
たとえば私のアニメ史の中では中原麻衣さんや広橋涼さんって『クラナド』から始まるのですが、本書ではご両人の代表作を『灰羽連盟』『カレイドスター』、『光と水のダフネ』『舞-HiME』と述べていて、へえ~と。

 

余談ですが、個人的に気になっているのは爬虫類系の可愛さのあるアイドル声優が多いということでしょうか。今『シドニアの騎士』やってますが、ああいう少し離れ目で丸顔の造形の声優さんって結構いる気がします。