読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お楽しみはパジャマパーティーで

読書の備忘、アニメの感想などを書いています

アニメ

『ビジュアル・コミュニケーション――動画時代の文化批評』(1)

『ビジュアル・コミュニケーション――動画時代の文化批評』 気になるテーマがあったので『ビジュアル・コミュニケーション――動画時代の文化批評』という論集を読みました。 ビジュアル・コミュニケーション――動画時代の文化批評作者: 限界研,飯田一史,海老原…

『教養としての10年代アニメ』

前置き 久々の更新です。 アニメは継続的に見てはいるのですが、あまり文章を書くインセンティブに繋がらないここ最近です。 内発的な動機を待つ、という一見自発的のようでいて実は受動的な態度を保っていたわけですが、GWに暇を持て余した挙句、最近出版さ…

前クールのアニメについての短い感想

見よう見ようと思っていたアニメの第一話を躊躇していたら、いつの間に話数が溜まって、なんだかんだで見るのが億劫になりつつ、適当に見始めたアニメに限ってだらだら毎週フォローすることができて、いやいやこれこそがアニメ消費の醍醐味だなどと開き直り…

『台風のノルダ/陽なたのアオシグレ』見ました

3週間限定上映とのことで、『台風のノルダ』と併映『陽なたのアオシグレ』を見てきました。 だぶん方々で言及されているはずですが、スタジオコロリド作品にはジブリライクなところがあって、鑑賞中否が応でも気になります。 『陽なたのアオシグレ』 『陽な…

巨大ロボットアニメと「切り返し」技法について ―『ヒッチコック『裏窓』ミステリの映画学』を読む

以前、『入門・現代ハリウッド映画講義』 で少し映画史の勉強――実写とアニメーションのアルケオロジーというエントリを書いたのですが、版元の人文書院さんよりエントリを紹介するツイートをいただいて、気を良くしたので、映画関連の書籍を勉強がてらちびち…

NHKでSHIROBAKO?

『SHIROBAKO』の余韻もさめた今日この頃、NHKの「NEWS WEB」でアニメーターの労働実態について報道されてました。 調査は 日本アニメーター・演出協会(JAniCA) によるもので、ウェブサイトで報告書のpdfが読めます。 藤津亮太のアニメ時評にも簡単にまとめ…

『声優論』―とりあえず企画で○

声優論 アニメを彩る女神たち:島本須美から雨宮天まで 作者: 小森健太朗,遊井かなめ,夏葉薫,町口哲生,深水黎一郎 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2015/02/25 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (5件) を見る (おそらく)先行…

春にして『長門有希ちゃんの消失』の多幸感と二次創作の切なさを想う

『長門有希ちゃんの消失』の多幸感 『長門有希ちゃんの消失』を見ていて、あの二次創作の世界観にコミットメントできるのって声優陣のおかげだよなあとしみじみと思いました。つまり一次創作と二次創作を繋ぐものとして、まず著作者の創造したキャラクターは…

冴えない亀井幹太

●作家論ではないのですが 特に亀井幹太論というわけではありません。 この監督の『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』が楽しかったので、監督名を意識してフォローしていたものの、次作『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』及び最新作『冴えない彼女の育てかた』もピン…

宮森の可愛さとキャリアパスについて考える―『SHIROBAKO』見終わった

安定した面白さで評判も良かった(と思われる)『SHIROBAKO』。ラブコメ要素皆無でありながら、しっかりとドラマの爽快さを味わわせてくれた良作でした。 宮森のかわいさ 自分でも不思議だったのは、とくに萌えキャラでもない主人公の宮森がやけに可愛いと感…

処女からの卒業―『純潔のマリア』見終わった

タイトルの「純潔」とは、実際にヒロインのマリアが「処女」であることを表しているのですが、案外ユニークな設定です。 簡単に言うとマリアが彼氏を見つけて幸せになるお話です。 一話目のマリアの、鳥山明的密度を持ったフィギュアは魅力的です。石川雅之…

久々に見た『クラナド』の印象

久々に京都アニメーションの『クラナド』見てたんですけど、これって結構、後の『けいおん』につながるような表現あるんですね。 いわゆる「いたる絵」の顔面比率のインパクトが強かったのですが、再見でまた印象が変わりました。 なんというか、グラフティ…

『マンガ・アニメ・ゲーム論』受講してみました

以前の記事でも紹介しましたが、MOOCの『マンガ・アニメ・ゲーム論』を受講してみました。 全部で4週に分かれており、第1週目は森川 嘉一郎氏の『マンガ・アニメ・ゲーム論序説』です。 登録はメアドとニックネームと修了証用の氏名(非公開)を登録するだ…

『名探偵コナン』について語るときに僕の語ること ―終わらない非日常と日常系の発見

あけましておめでとうございます。 新年早々パクリだらけのおしゃれなタイトルを思いついてしまいました。恐縮です。 実は年始に久々に『名探偵コナン』の劇場版シリーズを見ていたら、思い出したことがあったので書いてみます。 長寿シリーズのループ感 た…

カタルシスが足りない! ―アニメ雑感

前々回の記事で『結城友奈は勇者である』について書きましたが、最新話はセカイ系みたいになってました。汗 演出にしろ、脚本にしろ既視感のある本作ですが、まあ既視感自体は、オマージュとかパロディという言葉があるように、必ずしもマイナス要素にはなり…

さあ、等価交換しましょ ―『結城友奈は勇者である』から考える

今期の『結城友奈は勇者である』についてテーマ的に語ってみたいと思います。 まあ、このアニメそれほど面白いというわけではないのですが、話の展開を「どのように持っていくのだろう」という極めて外野的な興味です。 実は韻を踏んだ駄洒落っぽい題名から…

MOOCで『マンガ・アニメ・ゲーム論』が受講可能

オンラインで有名大学等の講義が無料受講できるサービスであるムーク(MOOC:Massive Open Online Course)で、『マンガ・アニメ・ゲーム論』の受講者を募集しているようです。(開講は来年1月) リンク:https://lms.gacco.org/courses/gacco/ga021/2015_0…

『SHIROBAKO』 ―地方のアニメ制作会社のブランディングについて

アニメファンの一つの楽しみ方として、制作会社単位で批評するということがあると思います。以前「アニメにおけるデジタル化と地方分権について」というエントリを書きましたが、近年地方に興ったアニメーション制作会社が京都アニメーションに続くのかとい…

萌えアニメにインディーズ映画のような演技を持ちこむ声優

―狭義のアニメ(主にオタク市場の深夜アニメ)の女性声優さんについては、求められる声質が定式化されていて、視聴者としてはそれぞれの声優さんのタイプについてマッピングをしやすいのですが、男性声優さんとなると個性的な声質の中堅・ベテラン声優さんは…

「デジタル・イメージの諸次元」―3DCG批判の思想的論拠とは

アニメは越境する (日本映画は生きている 第6巻) 作者: 黒沢清,吉見俊哉,四方田犬彦,李鳳宇 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2010/07/30 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 82回 この商品を含むブログ (7件) を見る 岩波の映画叢書<日本映画は生きて…

『アニメ学』(2)―アニメにおけるデジタル化と地方分権化について

アニメ学 作者: 高橋光輝/津堅信之 出版社/メーカー: エヌティティ出版 発売日: 2011/04/22 メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 1回 この商品を含むブログ (4件) を見る アニメ学の概説書で、多くのトピックを扱っていますが、「アニメの制作手法…

『日本のアニメは何がすごいのか――世界が惹かれた理由』

日本のアニメは何がすごいのか 世界が惹かれた理由(祥伝社新書) 作者: 津堅信之 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日: 2014/03/03 メディア: 新書 この商品を含むブログ (2件) を見る ●日本のアニメは「すごく」売れてはいない 題名だけ見ると、日本産アニメ礼賛…

『Free!』第11話―クロースアップとアニメのテクスチャーについて―

以前の記事でかなり適当なことを書き散らしてしまいましたが、デジタルによるシームレスなボケがアニメに独特なテクスチャーを与えているというのが要旨でした。しかし、おかげで割と気を留めて見るところが増えてしまい、『Free!』の最新話を見ていたら、ク…

『グラスリップ』の「なにをやりたいのか分からない」感について

今のところ『グラスリップ』は「なにが起こっているか」は分かるのだけど「なにをやりたいのか」が分からない、という奇特なアニメです。捉えどころのないアニメというのではなく、半分以上を見て私が捉えたところの感想がこれなのです。 ●P.A.WORKS作品とい…

『アニメ学』

アニメ学 作者: 高橋光輝/津堅信之 出版社/メーカー: エヌティティ出版 発売日: 2011/04/22 メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 1回 この商品を含むブログ (4件) を見る 先日『アニメ研究入門』という本を紹介しましたが、いま『アニメ学』という…

『クール・ジャパンはなぜ嫌われるのか』

クール・ジャパンはなぜ嫌われるのか - 「熱狂」と「冷笑」を超えて (中公新書ラクレ) 作者: 三原龍太郎 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2014/04/09 メディア: 新書 この商品を含むブログ (6件) を見る ●そもそも書名の問題意識について 書名のキャ…

そのアニメ、「シュール」という前に――真夏の昼の超現実

●超日常としての夏休み 夏真っ盛りです。 夏休みというと、学校は長期休暇になりますから、学生の方は『耳をすませば』の雫のように、なにか非日常の始まりを期待してしまうかもしれません。たとえば、これは学生に限らず、田舎への帰省はまさにその典型で、…

『入門・現代ハリウッド映画講義』 で少し映画史の勉強――実写とアニメーションのアルケオロジー

入門・現代ハリウッド映画講義 作者: 藤井仁子 出版社/メーカー: 人文書院 発売日: 2008/03 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 113回 この商品を含むブログ (18件) を見る 以前読んだことがあったのですが、面白かった記憶があって、思うところがあり再…

何が私を悲しくさせたのか―『凪のあすから』と『ゴールデンタイム』に弄ばれたジャンル的純情

毎週アニメを見ていますが、リアルタイム批評は難しいですね。 ツイッターくらいの短文の感想なら出てくるのですが、やはり全話視聴後の全体的な作品イメージから帰納しないと、コンセプチュアルな発想は出てきません。かといって短文や怪しい仮説だけで文章…

『アニメ研究入門』

アニメ研究入門―アニメを究める9つのツボ 作者: 小山昌宏,須川亜紀子 出版社/メーカー: 現代書館 発売日: 2013/03 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る クリティックな興味から手に取ってみましたが、「研究」とあるようにアカデミックを志…

アニメとデジタル一眼レフとカメラ女子について語りたかった

ちょっと思いつきになります。 以下の考察について実証性は低いのでご容赦ください。笑 ●アニメのボケ表現について ときどきアニメの「ボケ bokeh」表現で、違和感を感じることがあります。一般的にボケはレンズの被写界深度との関係で生まれるものですが、…

『魔法科高校の劣等生』の歓迎すべき凡庸さは作品論だけでは評価できない

●作品単位ではなく、クール単位でアニメを経験するということ 周知の通り、深夜アニメは、3ヶ月を1クールとし、毎週1話ずつ放映されるという商業形態をとっています。一方で録画やストリーミングなど、見る側の方法も多様化しております。石岡さんの『「超…

『耳をすませば』―日常とファンタジーの間

脚本家の佐藤大さんが『団地団』という団地のキャンプな魅力を語る本で、『耳をすませば』について言及しているのを参考に、すこし『耳をすませば』の世界観を考察してみました。 団地団 ?ベランダから見渡す映画論? 作者: 大山顕,佐藤大,速水健朗 出版社/メ…

アニメのメガネについて考察してみました

●なつかしい眼鏡 前エントリーで『あの夏』について書きましたが、本アニメはメガネをフィーチャーしたアニメでもあります。たとえば主人公カップルがどちらも眼鏡をかけていて、その二人がキスをするときに眼鏡同士がぶつかる「カチャ」という音がするなど…

『あの夏で待ってる』

夏が来るたびに見たくなる。夏アニメの定番!――とは残念ながらいかなかった『あの夏で待ってる』。 でも私、このアニメ大好きです。調べたら冬アニメだった本作ですが、夏真っ盛りの今こそやはり語りたい。 ●残念な脚本 どうでしょう。一般的には「『あの花…

『東京ESP』の第一話

『視覚文化「超」講義』でぼんやりと得心したのは、文化とは自由なものだということ。それでいてその自由を拘束しようとする言説があることで成り立っているものだということ(本の議論で言えば「レギュレーション」の問題)。つまり「なんでもあり」であり…

『視覚文化「超」講義』メモ

●「モードとしてのメロドラマ」 メロドラマ映画を学ぶ ジャンル・スタイル・感性 作者: ジョン・マーサー,マーティン・シングラー,中村秀之,河野真理江 出版社/メーカー: フィルムアート社 発売日: 2013/12/06 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) …

『視覚文化「超」講義』

ニコ生PLANETSで「日本最強の自宅警備員」としてユーザーに愛されている石岡良治さんの単著『視覚文化「超」講義』を読んでいます。 一読した印象としては、論旨が分かりづらい。というか、そういう大きな流れのある記述ではなく、枝葉で言及される作品やコ…

アニメを仕事に! トリガー流アニメ制作進行読本 (星海社新書) 作者: 舛本和也 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/05/23 メディア: 新書 この商品を含むブログ (9件) を見る 関係ない話から入るが、最近「田村ゆかりのいたずら黒うさぎ」ってラジオ番組を…

アニメのかたろぐ 1990ー1999 作者: 佐野亨 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2014/05/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 1990年から1999年までのアニメを見開き2ページ(または1ページ)で網羅的に紹介。 編者の佐野亨という…